産能マネジメントスクール セミナー案内 - 産能マネジメントスクールについて

HOME > 産能マネジメントスクールについて

産能マネジメントスクールがめざすもの

産能マネジメントスクールの公開セミナーは、1945年(昭和20年)に「産業能率講座」として、作業研究、工程管理法、生産技術などの講座を夜間に開催したものが始まりです。2015年で70年。
産能マネジメントスクールの公開セミナー参加者は年間10,000人にものぼります。
企業規模もさまざま、業種もそれぞれ、職種はいろいろ、年齢もばらばら。そうした互いに異なる組織文化や経験を持つ人々の
出会いと交流は新たな世界へ続く道を創り出します。

一般的に企業の人材育成に対しての費用対効果を測定することは難しいと言われています。
その理由は、ビジネスという世界が絶えず流動的に変化し、状況に応じた多様性と柔軟性を常に求められるため、人材育成の結果として、可視化できる“ゆるぎない正解”や“安定した結果”といった指標の設定や評価が難しいからです。
だからこそ、産能マネジメントスクールの公開セミナーは「学びの品質」「職場での実践」をもっとも重視し、「他者との研鑽の場を通じて明日から変わる」ことをめざします。

1-1.プログラムの「質」の維持

1-2.実践的なプログラムと相互研鑽

  • 実践的なプログラムと相互研鑽
  • 利便性の追求
  • 多様なニーズに対応するラインアップ
  • 教育ご担当者向けサービス
  • 産能大の人材育成理念
  • 公開セミナーの歴史