産能マネジメントスクール セミナー案内 - 産能マネジメントスクールについて

HOME > 産能マネジメントスクールについて > 公開セミナーの歴史

プロフェッショナル人材の育成が、能率向上の鍵を握る

産業能率大学の創立者上野陽一は、企業の能率向上というニーズに応える日本の最初のマネジメント・コンサルタントでした。
科学的管理法を通じて社員を再教育(業務形態や工場のオペレーションの改善など)することで、能率が一段と上がるということを一般社会に証明し、普及させました。そのマネジメント・コンサルタントとして、初めて指導を行ったのが、「ライオン歯磨き(小林商店)」です。
そして1945年に開催した夜間講座「産業能率講座」が契機となり、以来70年にわたって数多くの公開セミナーを実施、多くの企業様に「学びの品質」と「職場での実践」を重視したプログラムをご利用いただいています。

組織で学びのしくみづくりと継続的な教育の必要性

企業に対する指導等の活動を通じ、上野陽一は業務特性に応じた体系的な教育を社会に施すことの重要性を痛感し、多くの人に教育の機会を与え、絶えず教育していくことを訴えました。つまり、能率を上げるということは、一人ひとりがプロフェッショナルでなければならないということを意味しています。
そこで、1945年に「産業能率講座」を開講し、働く多くの人が学べる機会を提供しました。
それが、現在の産能マネジメントスクールの第一歩です。

上野 陽一 (1883年〜1957年)
日本の経営学者、産業心理学者。
産業能率短期大学の創始者。
フレデリック・テイラーによる科学的管理法を「能率学」と名付け邦訳し、日本における経営学の端緒を開き「能率の父」と呼ばれる。

1920〜1945

(主なできごと) 産業能率大学の動き
1920 国際連盟創設 1920 ライオン歯磨き(小林商店)工場の業務能率の研究を行う
1923 関東大震災    
1925 日本のラジオ放送開始
普通選挙法成立
1925 日本産業能率研究所を創立
1926 元号が昭和へ 1932

「経営作戦」「(上野式)商店経営法」 「テーラー全集」
「計画経済と管理法」出版

1939 第二次世界大戦 1942 (財)日本能率学校を設立
1945 終戦 1945 「産業能率講座」として、初の公開セミナーを開催(夜間)
     

1946〜1970

(主なできごと) 産業能率大学の動き
1947 日本国憲法施行 1950 産業能率短期大学 能率科 第2部 開校
    1956 創造性開発を紹介
1951 サンフランシスコ条約調印 1960 VE/VA技法を紹介
1964 東京オリンピック開催
東海道新幹線開通
1963 産業能率短期大学通信教育課程(正科)開設
1966 ビートルズ来日 1963 上野一郎 エドワード・C・シュレイの「結果のわりつけによる経営−リザルツ・マネジメント」を翻訳し、目標による管理(MBO)を日本に紹介
1969 アポロ11号人類初の月面着陸 1965 上野陽一 F・テーラー「科学的管理法」を翻訳
上野一郎 R・R・ブレーク/J・S・ムートン「期待される管理者像」を翻訳
1970 大阪万博開催 1966 D・マクレガー「企業の人間的側面」出版
    1970 F・ハーツバーグによる「モチベーション講演会」を開催
     

1971〜1995

(主なできごと) 産業能率大学の動き
1972 沖縄返還 1971 社会人のための通信教育事業をスタート
A・H・マズロー「人間性の心理学」出版
土光敏夫「経営の行動指針」出版
1973 第一次オイルショック 1978 法人名を(学)産業能率大学に改称
1986 男女雇用機会均等法施行 1979 産業能率大学(4年生大学)を開設
1989 元号が平成へ 1979 セミナー企画・運営の専門部署として「産能マネジメントスクール」を設置
1991 湾岸戦争勃発
バブル経済破綻
1980 H・I・アンゾフによる「出版記念講演 企業戦略論」
岡部博「戦略行動型リーダーシップ」出版
1995 阪神淡路大震災 1989 法人名を(学)産能大学へ改称
 
1991 アフターファイブスクール「サテリット」開講
    1992 大学院 経営情報学研究科開設
     

1996〜2015

(主なできごと) 産業能率大学の動き
2001 アメリカ同時多発テロ事件 2000 法人名を(学)産業能率大学へ改称
2003 イラク戦争勃発 2003 代官山キャンパス竣工に伴い、産能マネジメントスクール移転
2007 日本郵政公社民営化 2004 大学院MBAコース開設
2008 リーマンショックと世界同時不況    
2011 東日本大震災    
2012 東京スカイツリー開業 2013 通信研修50周年を迎える
2013 富士山が世界遺産に 2015 公開セミナー70周年を迎える
     
  • 実践的なプログラムと相互研鑽
  • 利便性の追求
  • 多様なニーズに対応するラインアップ
  • 教育ご担当者向けサービス
  • 産能大の人材育成理念
  • 公開セミナーの歴史