マネジメント・ビジネススキル関連公開セミナー 産能マネジメントスクール

経営戦略の思考法と戦略策定のプロセス・技法を、ケースを活用して実践的に学ぶ

ケースメソッドによる経営戦略策定

会場 代官山
期間 通学 2 日
時間 1日目09:30〜17:00 2日目09:30〜17:00
講義比率
一般参加費 81,000円(消費税8%)
会員参加費 77,760円(消費税8%)
会員優待参加費
対象者 経営企画、戦略立案などに関わる経営スタッフ、戦略思考に基づいた事業運営を志されている方
おすすめする方

・経営戦略の思考法と戦略策定のプロセス・技法を学び、戦略的・論理的な思考ができるようになりたい方 
・ 経営改革を進めるプロセスとスキルを活用できるようになりたい方

事前学習・準備

事前課題:資料を精読の上、当日ご持参ください。

関連コース
  • ケースで学ぶ競争戦略の基本
  • 1日でわかる! 戦略的思考の要点
  • 勝つためのビジネスモデル構築術

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師
  • 日沖 健

セミナー情報

ねらい

経営戦略の思考法と戦略策定のプロセス・技法を、企業事例を使って実践的に学ぶことによって 
1.不確実な経営環境の中で戦略的・論理的な思考ができるようになる 
2.経営改革を進めるプロセスとスキルを活用できるようになる 
ことを目指す

概要

戦略策定の基本プロセスに沿って、優れた戦略を策定・実行するためのポイントをケースメソッドで学んでいきます。 
3つのケースメソッドに取り組むことで、戦略策定時に必要な発想法やスキルを体得していただきます。最初のケースは、「環境変化とKFS(成功の鍵)」、次は「優位性のあるビジネスモデルの構築」、最後に「変革リーダーの役割」について考えさせるものを想定しています。

特徴

・ケースメソッドとは 
「わかる」と「できる」には、大きな違いがあります。ケースメソッドとは、実在企業の状況を記述した資料(ケース)をもとに、その企業の意思決定者の立場に立って「意思決定」を行うスタイルで、経営戦略について学ぶビジネススクール型の研修方法です。 
ケースメソッドは参加者同士の討議によって進行しますが、各ケースを分析するためのフレームワークは事前には提供されず、参加者は自ら「手探り」で分析の枠組みを見つけるところからスタートします。 
ケースメソッドで経営意思決定を体験することにより、経営戦略を深く「わかる」だけでなく、戦略立案を「できる」ようになります。

セミナーのゴール

・戦略策定の基本プロセスを理解している 
・実務で活用できる実践的な戦略策定の発想法・スキルを習得している

開催地・日程

東京

定員
24
回数 会場 日程 一般申込 MS会員申込
58回 産能セミナールーム代官山教室 2018/02/01〜2018/02/02
¥81,000(税込)
¥77,760(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

1日目 09:30〜17:00 1.はじめに
○セミナーのねらい/進め方
2.経営戦略の基本
○企業の経営と戦略/成長戦略と競争戦略/企業戦略と事業戦略/理想に至る2つの道/戦略策定のプロセス
3.環境変化とKFS(成功の鍵)を捉える
○非連続な経営環境/環境分析の技法と着眼点/KFSを明らかにする
【ケースメソッド1】
4.優位性のあるビジネスモデルを構築する
○戦略目標と基本競争戦略/ビジネスモデルの考え方/提供価値と対象顧客/バリュー・チェーンの構築/マーケティング・ミックス
2日目 09:30〜17:00 4.の続き
【ケースメソッド2】
5.資源・組織を展開する
○組織は戦略に従う/資源と組織の整備/変革リーダーの役割
【ケースメソッド3】
6.まとめ
○振り返り/優れた戦略とは/今後に向けて

ご参加いただいた方の声

ケースメソッドによる経営戦略策定

  • 二日間という短い時間の中で経営戦略の要点をわかりやすくコンパクトにまとめていただき、スピーディに進めていただき非常に濃い内容でした。現在営業戦略策定中ですので、多くのヒントをいただきました。(40代 男性 製造)