マネジメント・ビジネススキル関連公開セミナー 産能マネジメントスクール

「コーポレートガバナンスコード 原則4-14」義務化対応

コーポレートガバナンス研修

会場 代官山
期間 通学 1 日
時間 1日目13:30〜16:30
講義比率
一般参加費 27,000円(消費税8%)
会員参加費
会員優待参加費
対象者 取締役・監査役・執行役員、経営企画の責任者およびご担当者、これから役員になられる方々やコーポレートガバナンスを推進する人事・総務・法務部門などの責任者およびご担当者

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
  • 赤松 育子

セミナー情報

ねらい

1.「コーポレートガバナンスコード 原則4−14」によって、経営者層はその責務の理解を深めるために研鑽を積むことが求められており、コーポレートガバナンスコードの趣旨と意味を理解する
2.経営者層として知っておくべきコーポレートガバナンスの要諦と不正リスクマネジメントのポイントについて学ぶ

概要

エンロン事件をきっかけに日本で起こったコンプライアンスブームから10年以上の時が経ちました。多くの企業においてコンプライアンス施策は一通り打ち終えている状況と言えるでしょう。しかし企業不祥事はなくなりません。経営者層としてはいったいどうすれば良いのでしょう。何をなさねばならないのでしょうか。
このセミナーでは、「善管注意義務」をどのように解釈するか、われわれは何をどうすべきなのか等を具体的に検証します。

セミナーのゴール

取締役・監査役の会社法における義務と責任、執行役員の位置づけ、コーポレートガバナンスコードの本質、不正リスクマネジメントを巡るトピックスなど、経営層としておさえておくべきポイントをしっかりと理解して、明日からの実務に活かせるようにしていただきます。

開催地・日程

東京

定員
24
回数 会場 日程 一般申込 MS会員申込
3回 産能セミナールーム代官山教室 2018/07/18
¥27,000(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

1日目 13:30〜16:30 1.経営幹部の資質と責任
○経営幹部に求められる資質とは
○役員の法的責任・義務・役割
2.わが社に求められる時代の要請
○強まる包囲網
○会社法と金融商品取引法(J-SOX法)
3.コンプライアンス経営の勘所
○5つの勘所
○不正のトライアングル
○企業文化・職場風土
4.そのとき、どちらに舵を切るか
○ケース1 主力製品の重大不備
○ケース2 業績達成か、従業員の健康か