産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

HOME > セミナーのお申込みについて > チームリーダーのための課題形成力養成研修

現場の「思い」を創造的な課題に転換し、斬新な職場課題を形成する

チームリーダーのための課題形成力養成研修

会場 代官山、西梅田
期間 通学 2 日
時間 1日目09:30〜17:30 2日目09:30〜16:30
講義比率
一般参加費 70,200円(消費税8%)
会員参加費 66,960円(消費税8%)
会員優待参加費 56,160円(消費税8%)
対象者 課題形成力を高めたい中堅社員、チームリーダー
おすすめする方

職場にはたくさんの問題があるが、どうやって解決したらよいかがわからないという方

事前学習・準備

事前課題:自職場の課題について記入し、当日ご持参ください。

関連コース

※セミナーのお申込は、下部の「開催地・開催回・申込」をご覧ください

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師

セミナー情報

ねらい

1.独自の視点から斬新で建設的な職場課題を形成し、これに基づく目標を設定する力を養う
2.周囲に積極的に働きかけ、職場をリードする力を養う
3.後輩指導に必要な力を養う

概要

現場の「思い」を職場課題として具体化し、リーダーシップを発揮していくことが、チームリーダーの役割です。このセミナーではチームリーダーが現場の課題を形成していくためのスキルを事例研究によって学びます。事象を解釈する観点には「客観的認識=評論家」「依存的認識=他人事」「主体的認識=当事者」があり、ここでは「主体的認識」ができるようにトレーニングを積みます。

特徴

このセミナーは、(1)「べき論」ではない現場への共感、(2)本音で語る場をつくる、(3)問題から課題への転換スキル、(4)理論的背景はあくまでも「下支え」という4つの特徴があります。すなわち、組織からの押しつけではなく、本音でディスカッションしていただくことに重点を置きます。

セミナーのゴール

事例研究を通じて、不満やあきらめではなく、建設的で主体的な「課題形成」ができるようになることを目指します。さらに、リーダーとして一人で頑張るのではなく、課題を周囲と共有し、チームで一体となって課題を解決できるようになります。

参考資料

開催地・日程

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

日程表示はセミナー終了後2ヶ月が経緯すると自動的に消えます。

東京

定員
30
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
83回 代官山 2017/09/11〜2017/09/12 終了
84回 代官山 2017/10/19〜2017/10/20 残席わずか
¥70,200(税込)
¥66,960(税込)
¥56,160(税込)
85回 代官山 2017/11/20〜2017/11/21 受付中
¥70,200(税込)
¥66,960(税込)
¥56,160(税込)
86回 代官山 2018/02/13〜2018/02/14 受付中
¥70,200(税込)
¥66,960(税込)
¥56,160(税込)
87回 代官山 2018/03/05〜2018/03/06 受付中
¥70,200(税込)
¥66,960(税込)
¥56,160(税込)

大阪

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
33回 西梅田 2017/09/04〜2017/09/05 終了
34回 西梅田 2018/01/29〜2018/01/30 受付中
¥70,200(税込)
¥66,960(税込)
¥56,160(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

印刷用簡易ページ表示
1日目 09:30〜17:30 1.オリエンテーション
○本プログラムのねらい(中堅リーダーへの期待)
2.変革の担い手としての職場リーダー
○課題形成・共有・解決プロセスとしてのリーダーシップ ○求められる課題
形成機能 ○ショートケースで体験する職場のリーダーシップ(演習)
3.課題形成力を高める
○主体的認識による課題形成(質の高い職場課題はいかにして生まれるか)
○事例研究・・・斬新で建設的な職場課題を形成する(演習)
4.課題共有力を高める
○コンセンサスの形成に必要な対人能力 ○自他のパーソナリティーの違い
を乗り越える ○事例研究によるイメージ化(ロールプレイング演習) 1対1の
対話場面を再現する 1対多の会議場面を再現する
2日目 09:30〜16:30 (1日目の振り返り)
5.後輩を指導する力を養う
○計画的な職場指導の進め方 ○指導計画づくりの実習
6.課題解決力を高める
○目標設定の技術(形成した課題を目標化する) ○施策立案にあたっての留意点
7.総合演習
○自職場の課題に取り組む(1)・・・個人ワーク
○自職場の課題に取り組む(2)・・・グループ内相互発表と相互アドバイス
8.まとめ

ご参加いただいた方の声(※6件以上ある場合は、右に一覧表示のボタンが表示されます)

チームリーダーのための課題形成力養成研修

  • 自分の考えている問題点はそのまま表現してしまうと不平不満になってしまう事がよくわかりました。自分の思いを伝えるにはどの様にしたらよいのか、理解するきっかけになりました。自分の職場に戻った際に役立てていきたいと思います。(30代 男性 建設・設計・工事・メンテナンス)
  • 問題を他人ごとではなく、自分事として捉えるという点で大変勉強になった。自分自身を見つめ直すヒントを学びました。(40代 男性 製造)

講師の声

杉村 茂晃
学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
杉村 茂晃
組織の中堅層には現場感覚に基づくリーダーシップを発揮することが期待されており、その鍵が「課題形成力」です。現場に降ろされた課題に取り組むだけでなく、現場の「思い」に根ざした職場課題をいかに形成し、周囲の人たちにどのように伝え、組織に影響を及ぼしていくのかを学びます。
申し込みのセミナーをカートに入れました
・これ以降は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
・申込むセミナー・日程を全てカートに入れてください。
同セミナーの別日程を申込む 他のセミナーを探す
カートに進む