産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

HOME > セミナーのお申込みについて > 1日でわかる!ビジネス文書作成のポイント

ビジネスを円滑に進めるためのビジネス文書術の基本を学ぶ

1日でわかる!ビジネス文書作成のポイント

会場 代官山
期間 通学 1 日
時間 1日目09:30〜17:00
講義比率
一般参加費 32,400円(消費税8%)
会員参加費 31,320円(消費税8%)
会員優待参加費
対象者 ビジネス文書の知識を基本から学びたい方、仕事上の文書を書いていて不安や疑問をお持ちの方、後輩に文書の書き方を教えることになった方
おすすめする方

・ビジネス文書の基本を学習したい方
・ビジネス文書のルールを再確認したい方
・フォーマルな文書の書き方、時候の挨拶、封筒の宛名書きの決まり事…など、細かな疑問を解決したい方

事前学習・準備

筆記用具(HBの鉛筆、または、シャープペンシル、消しゴム)を必ずご持参ください。

関連コース

※セミナーのお申込は、下部の「開催地・開催回・申込」をご覧ください

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

有限会社クロスポイント 講師

セミナー情報

ねらい

1.「ビジネス文書」に対する考え方、特徴、基本ルールを学ぶ
2.「ビジネス文書」の学習を通じて、仕事上のマナーや仕事に対する姿勢を習得する
3.「社内文書」「社外文書」について、文書の目的と活用、作成のポイント、文例を学ぶ

概要

SNSなどの発達で「短い文」でのやり取りが日常生活の中で多くなりました。しかし、ビジネス社会では「ビジネス文書の基本」が存在し、重要な役割を果たしています。
このセミナーは、「毎日書いているのに気づかなかった知らずにやっていた」という感想が続出です。「文書の目的は何か?」「これで意図が通じるのか?」「これで相手がスムーズに行動できるのか?」「この文書で仕事上の利益につながるのか?」といった視点から、ビジネス文書の基本としていきます。

特徴

ビジネス文書の基本パターンと作成上のポイントに焦点を当てて学びます。

セミナーのゴール

・ビジネス文書について理解を深め、正しい表記法で記述するポイントが分かる。
・社内文書・社外文書のポイントを理解し、状況にあった適切な文書を作成するポイントが分かる。
・ビジネスeメールについて改めて理解を深め、適切なメール文を書くポイントが分かる。

開催地・日程

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

日程表示はセミナー終了後2ヶ月が経緯すると自動的に消えます。

東京

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
73回 代官山 2017/11/21 終了
74回 代官山 2018/02/21 受付中
¥32,400(税込)
¥31,320(税込)
75回 代官山 2018/07/10 受付中
¥32,400(税込)
76回 代官山 2018/09/06 受付中
¥32,400(税込)
77回 代官山 2018/11/21 受付中
¥32,400(税込)
78回 代官山 2019/02/04 受付中
¥32,400(税込)
79回 代官山 2019/03/01 受付中
¥32,400(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

印刷用簡易ページ表示
1日目 09:30〜17:00 1.オリエンテーション
○ねらい、すすめ方、自己紹介
2.ビジネス文書の基本ルール
○文書主義の原則
○ビジネス文書の特徴
○正しい表記法:用字、用語、記号、表現
○関連知識
3.社内文書
○文書の種類 ○社内文書の基本構成
○箇条書きの重要性 ○要約の重要性
○議事録のポイント
4.社外文書
○文書の種類 ○社外文書の基本構成
5.ビジネスe メール
○eメールのメリット、デメリット
○eメールでの伝達がふさわしくないもの
○eメールの構成要素 ○eメールの作成テクニック
6.まとめ
○報告書の作成

ご参加いただいた方の声(※6件以上ある場合は、右に一覧表示のボタンが表示されます)

1日でわかる!ビジネス文書作成のポイント

  • 外部の方と話ができたのは、とても刺激になった。手紙、メールの書き方をきちんと学べたのがよかった。今まではネット情報などを参照にしつつ、自己流だったので正しいのか不安だったのが解消された。(30代 女性 製造)

講師の声

山浦 恵
有限会社クロスポイント 講師
山浦 恵
ビジネス文書の基本、それは「簡単かつ明確な内容で、礼儀を欠かない書式」です。その文書で相手に行動を起こしてもらうためには「文書は読み手が主役」という心得のもと、ビジネスとしての効率性と相手との関係性の両方への配慮が必要です。ポイントの総点検で効果を上げてみませんか?
申し込みのセミナーをカートに入れました
・これ以降は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
・申込むセミナー・日程を全てカートに入れてください。
同セミナーの別日程を申込む 他のセミナーを探す
カートに進む