産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

緊急情報

6月18日に発生した大阪北部地震により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます

6月19日の大阪開催セミナーは予定通りおこないます。
ご参加の皆様におかれましては最新の情報を確認の上、十分注意してお越しください。
なお、この度の震災による日程変更・キャンセルは無償にて承りますのでご相談ください。

HOME > セミナーのお申込みについて > 複雑な問題の根本を探れ 本質的問題解決

問題発生メカニズムを可視化して根源を捉え、最適な解決の視点を学ぶ

複雑な問題の根本を探れ 本質的問題解決

会場 代官山
期間 通学 2 日
時間 1日目09:30〜17:30 2日目09:30〜17:30
講義比率
一般参加費 75,600円(消費税8%)
会員参加費
会員優待参加費
対象者 問題解決能力を高めたいすべてのビジネスパーソン
おすすめする方

・問題解決能力を高めたい方
・問題のメカニズムを見極めたい方
・問題の本質を捉えたい方

事前学習・準備

事前課題:ご自身の職場で発生している問題(テーマ、状況)をシートに記入し、当日ご持参ください。

関連コース

※セミナーのお申込は、下部の「開催地・開催回・申込」をご覧ください

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員

セミナー情報

ねらい

1.「見えていなかった問題」を捉える手法を学ぶ
2.問題のメカニズムを論理的に「見える化」する手法を習得する
3.問題の根源である「矛盾」を特定する見方を学ぶ
4.本質的問題解決へと導く「矛盾」の解消法を習得する

概要

「問題」を一面的かつ直線的な視点で捉えることが難しくなってきました。このセミナーでは、複雑に絡んだ「問題」をシステム的に捉え、問題発生のメカニズムを「見える化」しながら解きほぐしていきます。それにより、問題解決のためのポイントを的確に見極めることができるようになります。その上で、問題の根源である「矛盾」を解消する手法を習得し、本質的問題解決能力を、身につけます。個人およびグループによる演習によって理解の促進と実践スキルが向上します。

特徴

「問題発生のメカニズム」をシステム的に捉えて「見える化」を図り、根本原因を的確に特定することにより最も効果的・効率的な問題解決へのアプローチを進め、それぞれの問題発生のメカニズムに応じた最適な解決方法を選択できます。

セミナーのゴール

問題のメカニズムを論理的に「見える化」する手法と本質的問題解決へと導く「矛盾」の解消法を習得する。

参考資料

開催地・日程

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

日程表示はセミナー終了後2ヶ月が経緯すると自動的に消えます。

東京

定員
20
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
19回 代官山 2018/08/07〜2018/08/08 受付中
¥75,600(税込)
20回 代官山 2018/11/05〜2018/11/06 受付中
¥75,600(税込)
21回 代官山 2019/02/07〜2019/02/08 受付中
¥75,600(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

印刷用簡易ページ表示
1日目 09:30〜17:30 1.オリエンテーション
○研修のねらいと進め方 ○自己紹介
2.問題解決の基礎速習
○問題解決の基礎的な知識 ○問題解決一般の全容理解
3.問題の構造と問題解決の定義
○問題とは何か、問題解決とはどのようなことなのか
○問題のメカニズムとその「見える化」の手法
4.問題状況の洞察と構造化
○現状をよく観察し多面的に理解することの重要性をビデオを用いた演習を通じて理解する
○問題を構造化しながら問題認識の刷新の進め方を学習する
5.問題のメカニズムの「見える化」
○ダイアグラムを用いた問題のメカニズムとその「見える化」
2日目 09:30〜17:30 5.の続き
○問題のメカニズムを「見える化」するダイアグラムの完成
6.本質的問題解決「矛盾」の解法
○問題発生のメカニズム全体を俯瞰し、問題の発生源を見極める
○問題の根源となる「矛盾」を特定し、これを解消する技術を学び問題解決の実践に挑む
7.問題解決案に潜むリスクの撲滅
○問題解決策の中に潜む新たな問題発生の種
○逆転発想を用いて掘り起こして「見える化」し、新たな問題発生の芽を摘んでいく
8.総括

講師の声

安達 隆男
学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
安達 隆男
近年、状況が複雑に絡み、単線的な思考様式では状況を把握することが困難となり、結果、解決策を見いだすことが難しくなりました。また、「問題」の捉え方にも、本質的な解釈が求められます。それゆえ対処するには、「問題発生のメカニズム」をシステム的に捉え、見える化することが不可欠です。
申し込みのセミナーをカートに入れました
・これ以降は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
・申込むセミナー・日程を全てカートに入れてください。
同セミナーの別日程を申込む 他のセミナーを探す
カートに進む