産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナー一覧・検索・申込

HOME > セミナー一覧・検索・申込 > 1日でわかる! アンケートのつくり方

本音を引き出し、実務に活かす効果的なアンケート調査票の作り方のコツ

1日でわかる! アンケートのつくり方

対象者 アンケート調査の実務担当者で経験の少ない方
おすすめする方

具体的なアンケート調査の方法や、効果的な質問文の作成方法を学びたい方

担当講師からのメッセージ

冨沢 日出夫
学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
冨沢 日出夫
実際にアンケート調査を行おうとしたとき、「どのように調査票を作るべきか」「どのくらいの範囲で調べればよいか」といった細かな点がわからないという方は意外と多いのではないでしょうか。このセミナーでは、このようなアンケート調査の基本的な方法を学びます。統計分析の事前知識は必ずしも必要ではありませんので、統計が苦手な方も安心して参加してください。
本音を探り、実務に活かす調査のコツを一緒に学んでいきましょう!

セミナー情報

期間
通学 1 日
ねらい

1.アンケート調査のプロセスにおける効果的な手法を知る
2.効果的な質問文・選択肢作成を知り、より良いアンケート調査票のつくり方を学ぶ

概要

顧客満足度調査や職員意識調査など、アンケート調査はビジネス活動の中で必要不可欠な存在となっています。しかし、多くの企業や団体では必ずしも調査の専門家が行っているわけではなく、担当スタッフが他の業務を兼ねながら行っているのが現状です。
本セミナーでは、どのようにアンケートの調査票を作成し、実施すればよいかを考えるときのポイントとなる基本的なノウハウを学習します。



2013年度コース名:「1日で学ぶ! アンケートのつくり方」

特徴

・ 質問文と選択肢の作成について、心理的な側面から効果的な方法を学びます
・ 回答者が答えにくいデリケートな質問や、調査方法について思わず悩んでしまう事柄に 関して、演習を通じてポイントを体験的に理解していきます
・基本的な事柄に焦点を当てていますので統計などの事前知識は必要ありません

講師

学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
冨沢 日出夫

開催地

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

東京

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
5回 代官山 2014/08/01 受付中
¥37,800(税込)
¥36,720(税込)
6回 代官山 2015/02/09 受付中
¥37,800(税込)
¥36,720(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

1日目 10:00〜17:00 1.オリエンテーション
・アンケート調査のねらい
・効果的なアンケート調査を行う3つのポイント

2.アンケート調査の手順と概略
・アンケート調査の手順
・標本抽出の方法
(演習)適切な標本数は?

3.調査票のつくり方
・質問文の作り方―3つのポイント
(演習)課題に従い質問文を作ってみる
・選択肢のつくり方―3つのポイント
(演習)課題に従い選択肢をつくってみる
・デリケートな質問

4.調査結果の集計のしかた
・クロス集計
・グラフの種類
・調査票に応じたグラフ表現のコツ―適宜小演習

5.調査票作成(演習)
・調査票を実際に作り、メンバー同士で回答してみる
・相互フィードバック

6.まとめ
注意事項
特になし
事前準備
事前学習について

■ 特になし

担当講師からセミナー終了後の一言(※6件以上ある場合は、右に一覧表示のボタンが表示されます)

※セミナー終了後、メッセージをもらうことができた講師の分だけ掲載いたします。
セミナー終了後次の研修に大急ぎで移動しなければならない講師も多いので、全員というわけには参りません。ご容赦ください。

  • 冨沢 日出夫2013年10月21日 担当 冨沢 日出夫 講師
     
    ■ セミナーを終えて
    熱心に受講いただきました。
    問題意識の高い方々ばかりでした。

    ■ 参加された皆さんへ
    本音を引き出すための心理的側面へのはたらきかけは重要です。
  • 冨沢 日出夫2013年08月02日 担当 冨沢 日出夫 講師
     
    ■ セミナーを終えて
    皆さん熱心に取り組んでいただけました。
    実務に活かそうとする方ばかりでしたので、実践的な雰囲気だったと思います。

    ■ 参加された皆さんへ
    相手の心理的な側面に充分に働きかけてください。