産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

HOME > セミナーのお申込みについて > ビジネスコーチング研修(2014年度版)

「職場の目標達成」と「メンバーの能力開発」を効果的に進めるためのコーチング

ビジネスコーチング研修(2014年度版)

対象者 ・職場の部下・後輩を指導する中堅社員から係長相当職までの方、OJTリーダー、職場内人材育成を考えるマネジャーの方
おすすめする方

・新入社員や異動してきた社員を指導することになったOJTリーダーの方
・部下後輩の指導方法について学びたいチームリーダーの方
・職場内で人が育つ環境を作り出したいマネジャーの方

担当講師からのメッセージ

佐々木 順子
学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
佐々木 順子

私たちがお伝えする「ビジネスコーチング」では、ある特定の仕事を計画に沿って確実に習得させる場面や、習得させつつそのプロセスでメンバーに解決策を考えさせ主体性を育てる場面で指導を行う際のコーチングを中心に取り上げます。
メンバーの個性と能力レベルに合わせた指導・育成の方法が日常の職場で展開できるように学ぶプログラムです。
その理解と定着のために総合ロールプレイングを組み込んでいます。

この「ビジネスコーチング」という「鍵」を手にして日々の指導育成に臨むことで、メンバーの能力や可能性を最大限引き出すことができ、ご自身や職場の成長・職場目標の達成にも繋がるはずです。

セミナー情報

期間
通学 2 日
ねらい

1.仕事を指導することを通じて、メンバーの能力や可能性を最大限に引き出すビジネスコーチングの進め方を身につける
2.メンバーの育成を通じて、ビジネスコーチ自身の仕事上の成長と職場の成長を促進するとともに、業績向上に結びつける

概要

仕事上で行うコーチングは、日常のマネジメントで実行しやすいものでなくては意味がありません。また、コーチングは行う側にとっても活きるものでなければただの負担となるばかりで、継続して行うことは難しくなります。

このビジネスコーチングは、ある特定の仕事を計画に沿って確実に習得させる場面のコーチング(アビリティビジネスコーチング)や、習得させつつそのプロセスでメンバーに解決策を考えさせ主体性を育てる場面で指導を行う際のコーチング(ベーシックビジネスコーチング)を中心に取り上げ、メンバーの個性と能力レベルに合わせた指導・育成の方法が日常の職場で展開していただけるように学んでいただくプログラムです。
学んだことを職場で活かしていただくためにも「わかった」で終わらせず、総合ロールプレイングで「実際にやってみる」体験の場を組み込んでいます。

遂行ノウハウが不明瞭な仕事を指導したり、メンバーに仕事を任せながらビジネスコーチングする「クリエイティブビジネスコーチング」については簡単なご説明にとどめ、「自律型メンバーを育てるための クリエイティブ・ビジネスコーチング」というセミナーでワークを交えてしっかり学んでいただけるようにしています。あわせてご検討ください。

特徴

■ ビジネスコーチに期待される役割、指導することの重要性を認識します
■ 日々の仕事の中で、信頼関係を築きながら、どのようにメンバーに働きかけていくかを学びます
■ 基本的な業務の遂行ノウハウをきっちり教え込むための、仕事の教え方やステップを学びます
■ メンバーの主体性な取り組み姿勢を育成するための、コミュニケーションスキルを身に付けます
■ 自分の指導スタイル、相手の学習スタイルを理解し、相手に応じた対応方法を学びます
■ 学んだことを実際に総合演習としてロールプレイング形式で確認していただきます

参考資料

講師

学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
佐々木 順子
関 直治
学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師
門脇 竜一
金澤 周子
鈴木 浩子

開催地

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

東京

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
161回 代官山 2015/02/02〜2015/02/03 終了
162回 代官山 2015/03/02〜2015/03/03 受付中
¥75,600(税込)
¥72,360(税込)
¥60,480(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

1日目 9:30〜18:30 ■ビジネスコーチング研修の目的と学習内容のポイント

■Session1.ビジネスコーチングの概要
01,ビジネスコーチングとは
02,ビジネスコーチングの全体像
03,ビジネスコーチングの定義
04,ビジネスコーチにとってのメリット

■Session2.ビジネスコーチングのアプローチ
01,ビジネスコーチング場面を体験する
02,うまく教える手順
03,メンバーの立場に立った働きかけ
04,2つの動機づけ
05,内発的に動機づけるための3つのスキル

■Session3.メンバーの主体性を引き出すコミュニケーションスキル
01,状況説明
02,発問
03,傾聴
1日目のふりかえり
2日目 9:30〜17:30 ■Session3.メンバーの主体性を引き出すコミュニケーションスキル(つづき)
ふりかえりとまとめ

■Session4.総合ロールプレイング

■Session5.メンバーの個性に合わせたコミュニケーション
01,個性に応じたビジネスコーチング
02,メンバーの学習スタイル
03,ビジネスコーチの指導スタイル
04, 柔軟性の理解
05, コミュニケーションのポイント

■Session6.ビジネスコーチングの設計ポイント

■Session7.創造性を育むビジネスコーチング<CBC>

■Session8.ビジネスコーチに期待される役割
01,今後のビジネスコーチングに向けて
注意事項
特になし

ご参加いただいた方の声(※6件以上ある場合は、右に一覧表示のボタンが表示されます)

一覧を表示する

ビジネスコーチング研修(2014年度版)

  • 今までの部下の接し方では能力を十分発揮させることができていないのではないかと痛感しました。ほめることの大切さ、状況説明の重要性、他業種の方からのヒントなど得るものが多かった。(40代 男性 団体)
  • 相手の立場になり、どうすれば相手の成長につながり組織の成長になるかを考え、実践することは、部下のみに関わらず、職場の人全員に効果があると感じた。(40代 男性 通信・情報・IT)
  • 今までにいろいろな研修を受けてきましたが、ここまで実習が活発的に行われていたのは初めてでした。学べたこと、取り入れたいことがたくさんありました。(30代 女性 通信・情報・IT)
  • 「教えすぎてしまう」「傾聴不足」など、今までの自分の欠点に気づいた。学習する側のタイプ別の接し方など、現場ですぐ使おうと思います。(30代 女性 小売・外食)
  • 日頃の自分の部下に対する対応を客観的に見ることができた。そして、個性に合わせた対応も自分で勉強して、より質の高いものを提供していきたいと思います。(20代 男性 各種サービス(マスコミ・出版等含))

担当講師からセミナー終了後の一言(※6件以上ある場合は、右に一覧表示のボタンが表示されます)

一覧を表示する

※セミナー終了後、メッセージをもらうことができた講師の分だけ掲載いたします。
セミナー終了後次の研修に大急ぎで移動しなければならない講師も多いので、全員というわけには参りません。ご容赦ください。

  • 金澤 周子2015年02月02日〜2015年02月03日 担当 金澤 周子 講師
     
    ■ セミナーを終えて
    40才代中心で比較的年令層は高い回でした。「部下、後輩はいないがパート・アルバイトは職場にいるのでビジネスコーチングで学んだことを活かしたい」とお話されていた参加者もいました。情報交換意欲が高く、相互フィードバックが積極的に行われ、グループ活動は1日目から活発。2日目はグループ編成を一部替えましたが、グループ活性度は高いままでした。ワークの感想としてあがってくる発言も的を射た内容で、全体として学びが深いように感じました。

    ■ 参加いただいた皆さんへ
    積極的な受講態度で、より多くのことを学びとっていただけたと感じています。ビジネスコーチの前向きな姿勢はメンバーによい影響を与えるものです。ぜひ、この教室で発揮したパワーを職場でのビジネスコーチングに活かして下さい。お疲れ様でした。

  • 金澤 周子2014年12月15日〜2014年12月16日 担当 金澤 周子 講師
     
    ■ セミナーを終えて
    ワークを多く行うことで、自分自身のコミュニケーション上のクセや特徴を実感されていたようでした。日頃の自己課題として受け止めた方も多く、他者からのフィードバックで、今後の取り組みを検討されていました。20代前半〜50代までと幅広い年齢層の方が受講されていましたが、世代の違いを超えて素直に自己事例を紹介し、情報交換をしていただけたようでした。1日目、2日目とグループ編成を変更し、様々な方々が交流できるように配慮しました。

    ■ 参加いただいた皆さんへ
    あらためて他者と関わる難しさを実感されたと思います。この側面について深く理解して職場指導もあたるかどうかが今後大きな違いになるのではないでしょうか。今回様々な業界のビジネスコーチ仲間から得た経験や指導情報は、ご自身の状況に置き換えて考えた時に大きなヒントになるでしょう。自己変革、自己成長に結びつけて下さい。

  • 門脇 竜一2014年11月25日〜2014年11月26日 担当 門脇 竜一 講師
     
    ■ セミナーを終えて
    研修の進行に従って、皆さんの主体性、積極性が続々と出て来ていたのが印象的でした。ビジネスコーチングとしての学びだけでなく、メンバーの気持ちへの理解を深める2日間でもあったようです。大切なことに気づいた皆さんの表情には清々しいものがありました。公開セミナーのメリットを生かし、有益な情報交換を活発にされていました。

    ■ 参加いただいた皆さんへ
    「メンバーを育てて、我が職場をどうしたいか」この想いが実践への原動力となります、ビジネスコーチを任された自分に自身を持って、よりよい職場づくりを、ぜひ、お進めになってください。ご活躍をお祈りしております、
  • 関 直治2014年11月13日〜2014年11月14日 担当 関 直治 講師
     
    ■ セミナーを終えて
    幅広い年齢層の受講者でしたが、皆さん、一体感をもってグループ討議やロールプレイングに取り組んでもらいました。皆さん、より良いビジネスコーチになりたいとの思いから、真剣にに取り組んでいたのだと思います。良い研修でした。

    ■ 参加いただいた皆さんへ
    初めは完璧にでなくても基本を守って努力し続けて下さい。スキルである以上、必ず上達します。
  • 関 直治2014年10月21日〜2014年10月22日 担当 関 直治 講師
     
    ■ セミナーを終えて
    メンバーがいる・いないに関わらず、皆さん真剣に受講して頂けました。

    ■ 参加いただいた皆さんへ
    メンバー自らが育っていこうとする意欲を持てるよう、望ましいコミュニケーションをとって下さい。