産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

HOME > セミナーのお申込みについて > メンタル・タフネス実践

「考え方のクセ」を知り、ストレスで元気になるセルフマネジメント

メンタル・タフネス実践

会場 仙台、代官山、西梅田
期間 通学 1 日
時間 1日目09:30〜17:00
講義比率
一般参加費 35,640円(消費税8%)
会員参加費 33,480円(消費税8%)
会員優待参加費
対象者 ストレスへの自分なりの対処法を身につけたい全てのビジネスパーソン
おすすめする方

・日々のストレスが蓄積されている方
・もっと前向きになりたい方
・ストレスに強くなりたい方

関連コース

※セミナーのお申込は、下部の「開催地・開催回・申込」をご覧ください

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師

セミナー情報

ねらい

1.自分自身の「ストレス」「元気」のカタチに気づくとともに、自己観察・自己チェックの ポイントを理解する
2.「自律的、創造的なセルフマネジメント」のための思考法、行動パターンを習得する
3.「労働Enjoy能力開発」のヒントを探る

概要

「どうにかしたいという気持ちは強いが、気持ちが堂々巡りをする」こんなとき、気持ちの中にストレスがあり、自分の心と身体が密接につながっています。
このセミナーでは、ストレスへの対処法の1つとして「否定的な感情からの解放」の仕方を具体的に見ていきます。無意識に持っている自分の認知の枠組みを修正し、非合理的な縛りから解放されることで、リラックスした状態をつくり出すことができます。
また、ポジティブな自分を追究し、他人の感情のサインに気づくための自分のあり方や、より良い人間関係を築くためのポイントについても触れていきます。

特徴

普段は気づけない心身の相関アンバランスに気づくための演習や、自身のタフネス・チェックを通してネガティブな考え方の癖をポジティブに変換するトレーニングを実践します。

セミナーのゴール

自己観察・自己チェックのポイントを理解し、自律的・創造的なセルフマネジメントのための思考法や行動パターンを習得する。

開催地・日程

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

日程表示はセミナー終了後2ヶ月が経緯すると自動的に消えます。

東京

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
58回 代官山 2017/09/15 終了
59回 代官山 2017/10/27 締切
60回 代官山 2017/11/17 受付中
¥35,640(税込)
¥33,480(税込)
61回 代官山 2018/01/26 受付中
¥35,640(税込)
¥33,480(税込)

大阪

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
18回 西梅田 2017/09/01 終了

仙台

定員
18
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
58-1回 仙台 2017/09/26 受付中
¥35,640(税込)
¥33,480(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

印刷用簡易ページ表示
1日目 09:30〜17:00 1.現代ストレス事情
○グループ自己紹介−アイスブレイク・サブテーマ確認
○メンタルヘルス−ストレスマネジメントを目指す
○現代ストレス事情−数字にみる現状
2.ストレスの源を知る
○ストレスとは?−本当の意味 ○ストレッサー−原因と分析
○現状認知−症状チェック
3.タフネスへの道
○タフネスチェック−自己のタフネス度を測る
○シェアリング−自己開示とフィードバックの重要性
○タフネスとは?−プレッシャー管理術
4.認知行動療法
○感じ方のクセ−自分の感情・気持ち・気分
○考え方のクセ−認知行動療法の原理
○認知の歪みと修正−特徴、パターン
5.ストレス対処行動
○自己観察法 ○他者援助法 ○感情のコントロール
6.労働Enjoy能力開発を目指して
○マインド・タフネスに向けて ○アリとキリギリス
○未来型のライフ・デザインへ
7.エンディング

ご参加いただいた方の声(※6件以上ある場合は、右に一覧表示のボタンが表示されます)

メンタル・タフネス実践

  • 客観的に自分について考えることができました。ネガティブ→ポジティブに発想の転換方法を学べました。(40代、女性 通信・情報・IT)

講師の声

三好 良子
学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師
三好 良子
「ストレッサーがあるからモチベーションが上がる」といった快の効果にも着目し、普段は気づけない心身の相関アンバランスに気づくための演習や、自身のタフネス・チェックを通して、ネガティブな考え方の癖をポジティブに変換するトレーニングを実践します。
申し込みのセミナーをカートに入れました
・これ以降は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
・申込むセミナー・日程を全てカートに入れてください。
同セミナーの別日程を申込む 他のセミナーを探す
カートに進む