産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

HOME > セミナーのお申込みについて > アンガーマネジメント実践トレーニング

感じ方のクセに気づき、堪忍袋を大きくする

アンガーマネジメント実践トレーニング

会場 代官山、名古屋、西梅田
期間 通学 1 日
時間 1日目10:00〜17:00
講義比率
一般参加費 38,880円(消費税8%)
会員参加費 36,720円(消費税8%)
会員優待参加費
対象者 すべてのビジネスパーソン
おすすめする方

・怒りの感情をコントロールしたい方
・冷静な行動が取れるようになりたい方
・いつもイライラを感じている方
・すぐ大声を出してしまう方
・パワハラにならないように注意したい管理職の方

関連コース

※セミナーのお申込は、下部の「開催地・開催回・申込」をご覧ください

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師

セミナー情報

ねらい

1.込み上げる「怒りの感情」をセルフコントロールする方法を学習する
2.常に冷静な態度が取れる方法を習得する

概要

苛立ちはストレスの原因にもなり、こうした負の感情はご本人にとっても、また周囲の人にとっても好ましくはありません。
特に、職場内で苛立つことは、立場や役割が介在するために、良好な上司・部下関係や他部署との業務遂行などに支障をきたすおそれがあります。
そこで、今、この時期だからこそおすすめしたいのがこのセミナーです。
「怒らなくてもすむしくみ」をご自身の中につくってみませんか。

特徴

ラボラトリーメソッドを活用したグループワークトレーニング(受講者間の参画型ワーク)を通じて「怒りのリトマス紙」の実験によって、1.自分の感じ方の癖を知る 2.堪忍袋の許容量を知る 3.怒りの仕分け方法を学ぶ 4.堪忍袋の取扱を知ることで、セルフマネジメントができるようになることを目指します。

セミナーのゴール

「怒りの感情」をセルフコントロールでき、冷静な態度が取れるようになる。

開催地・日程

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

日程表示はセミナー終了後2ヶ月が経緯すると自動的に消えます。

東京

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
18回 代官山 2018/02/16 受付中
¥38,880(税込)
¥36,720(税込)
19回 代官山 2018/06/29 受付中
¥38,880(税込)
20回 代官山 2018/07/27 受付中
¥38,880(税込)
21回 代官山 2018/10/12 受付中
¥38,880(税込)
22回 代官山 2019/02/01 受付中
¥38,880(税込)

名古屋

定員
18
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
2回 名古屋 2018/08/31 受付中
¥38,880(税込)

大阪

定員
20
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
1回 西梅田 2018/07/20 受付中
¥38,880(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

印刷用簡易ページ表示
1日目 10:00〜17:00 1.オリエンテーション
○研修の目的:怒りをマネジメントするとは
○歴史と背景
○気持ち・感情の理解と表現
○アートセラピーによる気づき
2.イライラの源を探る
○怒りを「見える化」する−アンガーログ
○怒りの「度合い」を測る−アンガースケール
○怒りの「水準」を比較する−アンガーレベル
3.怒りの「仕分け人」
○怒りの言葉リスト(表現の仕方)
○怒りのマグマ(表出法とタイプ)
○本音のメッセージ(第一次感情)
4.堪忍袋(怒り)の取り扱い方法
○怒りの表現のタイプを知る
○心の急所・境界線を知る
5.セルフマネジメントを目指す
○怒りのコントロール
○クールダウンのヒント
○セルフコントロールへ

ご参加いただいた方の声(※6件以上ある場合は、右に一覧表示のボタンが表示されます)

アンガーマネジメント実践トレーニング

  • すべてが役に立ちそうです。知識としては知っていたことも、ワークを通して実感できました。また、1人で考え込むのではなく、皆で知恵を出し合って、カンニン袋を大きくしていく、というのがとても楽しかったです。(30代 女性 通信・情報・IT)

講師の声

三好 良子
学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師
三好 良子
「怒ってはいけない」ということでは決してありません。「希望の怒り」は歴史を変えてきたのですから…。自分の堪忍袋の緒がきれる原因を探り、イライラの表現の仕方を工夫すると「怒りのリュックサック」を降ろすことにつながるかもしれませんよ。
申し込みのセミナーをカートに入れました
・これ以降は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
・申込むセミナー・日程を全てカートに入れてください。
同セミナーの別日程を申込む 他のセミナーを探す
カートに進む