産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

HOME > セミナーのお申込みについて > ケースメソッドによるマーケティング戦略策定

経営・事業におけるマーケティングの視点を養う

ケースメソッドによるマーケティング戦略策定

会場 代官山
期間 通学 2 日
時間 1日目10:00〜17:00 2日目10:00〜17:00
講義比率
一般参加費 91,800円(消費税8%)
会員参加費 87,480円(消費税8%)
会員優待参加費
対象者 経営幹部、経営幹部候補者、事業部門長・部門長
事前学習・準備

事前課題:ケースの事前精読および事前課題への解答を当日ご持参ください。

関連コース

※セミナーのお申込は、下部の「開催地・開催回・申込」をご覧ください

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員

セミナー情報

ねらい

1.マーケティング領域の分析フレームを「知る」から「使える」にする
2.ケースメソッド討議により意思決定と根拠を表出化して問い直す
3.他者の意思決定と根拠を知ることで多角的な観点から意思決定を行う目を養う

概要

実企業をモデルにしたケースをもとに、マーケティングの分析フレームを活用しながら、ケース企業の内外環境の分析、事業ドメイン策定、マーケティングミックス、予想損益計算書、事業コンセプトなどを作成することで、経営幹部として必要なマーケティング知識・スキルを実践的に習得します。後半は自社の実際のマーケティング戦略を策定します。また、参加者同士で議論する時間が多く、それぞれの意思決定内容とその根拠を知ることで、自分自身の意思決定を多角的に振り返ることができ、経営・事業についてマーケティング的な視点で考える力を体得します。

特徴

マーケティング戦略を4つフェーズに分け展開します。各フェーズで次のアウトプットを出します。
フェーズ1「課題からニーズまで仮説作成シート」
フェーズ2「事業ドメイン検討シート」
フェーズ3「顧客の視点に立ったマーケティング戦略シート」(4Pと4Cの関係性をチェック)
フェーズ4「予想損益計算書」/「事業コンセプトシート」

セミナーのゴール

・マーケティング領域の分析フレームが使えるようになり、多角的な視点からマーケティング戦略決定ができる。
・自社のマーケティング戦略が策定できる。

開催地・日程

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

日程表示はセミナー終了後2ヶ月が経緯すると自動的に消えます。

東京

定員
20
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
2回 代官山 2018/01/18〜2018/01/19 受付中
¥91,800(税込)
¥87,480(税込)
3回 代官山 2018/10/18〜2018/10/19 受付中
¥91,800(税込)
4回 代官山 2019/02/04〜2019/02/05 受付中
¥91,800(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

印刷用簡易ページ表示
1日目 10:00〜17:00 1 .オリエンテーション
2 .マーケティング戦略の基本理論を確認する
○基本知識の確認 ○マーケティング戦略の体系
○市場把握と分析(環境分析の手法) ○標的市場の設定
○マーケティング・ミックスの策定 ○マーケティングの新潮流
3 .ケースメソッドを活用して
○マーケティング戦略の本質を理解する
○ケース企業の内外環境分析(ニーズ分析・クロスSWOT分析)
○ ケース企業の事業ドメイン策定(セグメンテーションとターゲティング・ポジショニング)
2日目 10:00〜17:00 1日目の振り返り
3 .の続き
○ケース企業のマーケティング・ミックス(4Pと4Cの構築)
○ ケース企業の予想損益計算書/事業コンセプトシート作成(マーケ
ティング戦略を実施する上での収益性の予測した上で、事業コンセ
プトを完成させる)
4 .自社のマーケティング戦略の立案
○自社の環境分析 ○事業ドメインとの策定
○4Pの策定と統合化
5 .今後の課題
○研修の振り返り ○これからの課題

講師の声

漆田 隆司
学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
漆田 隆司
マーケティングのフレームワークを知っていても、使い方が分からないという人をお見かけします。例えば、SWOT分析で4つの象限に分けて、その後どうすればよいか分からない。ケースだとヌケモレなく分析できているのですが、自社の課題だとできない。ポジショニング分析も当てはめたはよいが、結局どのポジションが自社にとっての妥当なポジションか分からない。この研修では実際にケースで分析をしていただくことで、使うときに何を決め手にするかが分かるようになります。
申し込みのセミナーをカートに入れました
・これ以降は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
・申込むセミナー・日程を全てカートに入れてください。
同セミナーの別日程を申込む 他のセミナーを探す
カートに進む