産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

HOME > セミナーのお申込みについて > 実践! マネジャー研修 課題形成と課題解決のマネジメント

現場の「思い」を創造的な課題に転換し、真の課題から解決策を導く

リニューアル

実践! マネジャー研修 課題形成と課題解決のマネジメント

会場 代官山、西梅田
期間 通学 2 日
時間 1日目09:30〜18:00 2日目09:30〜18:00
講義比率
一般参加費 86,400円(消費税8%)
会員参加費 82,080円(消費税8%)
会員優待参加費 69,120円(消費税8%)
対象者 課長、次長相当職の方
おすすめする方

・新任の課長職相当の方
・既任の課長職相当の方

関連コース

※セミナーのお申込は、下部の「開催地・開催回・申込」をご覧ください

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師

セミナー情報

ねらい

1.独自の視点から斬新で建設的なマネジメント課題を形成し、これに基づく目標設定をする力を養う
2.課題形成と目標設定を通じて、日常のマネジメントと変革のマネジメントを遂行する力を養う
3.人的課題形成のための「人材育成」に必要な力を養う

概要

マネジャーは、経営層と現場の両方に「積極的に情報を発信する機能」を担っています。このセミナーでは経営層の方針をどのように認識して自職場の課題とし、どう具体化してメンバーに伝えるか、また、現場で抱える問題から、どれを課題として取り上げ、その認識を経営層にどのようにロジカルに説明するかといった、職場の課題形成における「認識(思い)の言語化」の重要性を学びます。また、課題解決に向けて、メンバーの動機づけ、指導育成のノウハウを習得します。
2017年度から合宿セミナーを通学セミナーにリニューアルしました。

特徴

「自社の業績が、対前年比で10%ダウンした」という事象に対して、「日本の景気は低迷しているからなぁ」と解釈するのは、傍観者的な見方であり、客観的認識であるといえます。
一方、「上層部が考える戦略が悪いからだ」と解釈するのは、責任転嫁的な見方であり、依存的認識といえます。そうではなく、「自部門のマネジメントには何が欠けていたのだろうか?」といったように、当事者意識を持って考える見方を主体的認識と呼び、このセミナーでは「主体的認識」ができるようになることを目指します。

セミナーのゴール

総合演習として、「マネジャーの立場で職場をいかに変革するか」について考察していただきます。
演習の質を高めるため、「問題発見から課題形成へ」というステップを踏み、「目標を設定」し、主体的認識を高めます。

開催地・日程

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

日程表示はセミナー終了後2ヶ月が経緯すると自動的に消えます。

東京

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
1回 代官山 2017/09/07〜2017/09/08 終了
2回 代官山 2017/11/09〜2017/11/10 残席わずか
¥86,400(税込)
¥82,080(税込)
¥69,120(税込)
3回 代官山 2018/02/19〜2018/02/20 受付中
¥86,400(税込)
¥82,080(税込)
¥69,120(税込)

大阪

定員
24
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
1回 西梅田 2017/10/30〜2017/10/31 残席わずか
¥86,400(税込)
¥82,080(税込)
¥69,120(税込)
実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

印刷用簡易ページ表示
1日目 09:30〜18:00 1.オリエンテーション
○このセミナーのねらい(ミドル・マネジャーへの期待)
2.ミドル・マネジャーの立場と独自の機能
○マネジメントとは、ミドル・マネジメントとは
○独自の視点から行う課題の「形成」と「共有」そして「解決」
○3種類の課題(業務課題・組織運営課題・人的課題)
○事例研究によるイメージ化
3.課題形成力を高める
○斬新で建設的なマネジメント課題の形成のために ○事例研究によるイメージ化
4.課題共有力を高める
○コンセンサスの形成に必要な対人能力 ○階層を越えた論議の重要性
○自他のパーソナリティの違いを乗り越える
○事例研究によるイメージ化
1対1の対話場面を再現する 1対多の会議場面を再現する
2日目 09:30〜18:00 5.「人的課題」の形成・共有・解決プロセスとしての人材育成
○計画的な職場指導の進め方 ○指導計画づくりの実習
6.課題解決力を高める
○目標設定の技術(形成した課題を目標化する) ○施策立案にあたっての留意点
7.総合演習
○自職場のマネジメント課題に取り組む(1)・・・個人ワーク
○自職場のマネジメント課題に取り組む(2)・・・グループ内
相互発表と相互アドバイス

ご参加いただいた方の声(※6件以上ある場合は、右に一覧表示のボタンが表示されます)

実践! マネジャー研修 課題形成と課題解決のマネジメント

  • 普段何気なく出していた課題について、具体的な事象を捉えなければ効果的につながる課題とならないということを学ばせていただき、非常に勉強になりました。(30代、男性 運輸・物流)

講師の声

杉村 茂晃
学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
杉村 茂晃
トップよりも現場を知り、現場よりも経営を知るミドル・マネジャーの立場から生まれる独自の発想は、組織に変革をもたらす貴重な情報資源であり、またメンバーたちの意欲を引き出す魅力ある職場課題の源です。このセミナーは、こうしたミドル・マネジャーの果敢な行動を、理論と実践の両面から追究します。
申し込みのセミナーをカートに入れました
・これ以降は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
・申込むセミナー・日程を全てカートに入れてください。
同セミナーの別日程を申込む 他のセミナーを探す
カートに進む