産能マネジメントスクール セミナー案内 - セミナーのお申込みについて

HOME > セミナーのお申込みについて > ケースメソッドによるアカウンティング研修(メーカー版/サービス業版)

経営幹部として必要なアカウンティングのスキルを学び意思決定の質を高める

新規セミナー

ケースメソッドによるアカウンティング研修(メーカー版/サービス業版)

会場 代官山
期間 通学 1 日
時間 1日目10:00〜17:00
講義比率
一般参加費 45,900円(消費税8%)
会員参加費
会員優待参加費
対象者 経営幹部、経営幹部候補、事業部門長・部門長
おすすめする方

財務会計(アカウンティング)のスキルを習得したい、財務会計の観点に立った意思決定の方法論を学びたい方

事前学習・準備

事前課題:テキスト「アカウンティング・エッセンス」の精読

注意事項

※メーカー版、サービス業版で開催日程が異なりますのでご注意ください。

※プログラムは一部変更になる場合があります。

※セミナーのお申込は、下部の「開催地・開催回・申込」をご覧ください

担当講師 :担当講師は変更になることがあります

学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員

セミナー情報

ねらい

1.経営に必須となる財務の知識を元に、意思決定の質を高める力を養成する
2.各種の分析技法で現状を見える化し、短期・長期の戦略シミュレーションが設計できる力を身につける

概要

昨今の経営環境変化により発生しているクライアントの抱える問題を取り扱うケース教材を通じて、進むべき方向性(戦略案、マーケティング施策)・戦略を実現するためにアカウンティング知識をどのように活用し、経営の意思決定の質を高めるのかについて学びます。
※このセミナーは、業種に応じてプログラムの一部を変更するため、「メーカー版」と「サービス業版」の2種類があります。日程欄で対象の業種をご確認のうえ、お申し込みください。

特徴

・実企業例をベースにしたケース教材を通じて、アカウンティング知識の活用方法、意思決定方法を分かりやすく学ぶことができる。
・進め方は同じですが、日程により「メーカー向け」「サービス業向け」の異なったケースで開催します。

セミナーのゴール

経営の意思決定の質を高めるために、(1)現状の見える化、(2)短期、長期のシミュレーション力、を習得できる。

開催地・日程

下記開催地を選択すると、該当する開催地のセミナー一覧に移動します。

日程表示はセミナー終了後2ヶ月が経緯すると自動的に消えます。

東京

定員
20
回数 会場 日程 受付状況 一般申込 MS会員申込 MS会員優待申込
1回 代官山 2018/11/29 受付中
¥45,900(税込)
2回 代官山 2018/11/30 受付中
¥45,900(税込)
3回 代官山 2019/02/14 受付中
¥45,900(税込)
4回 代官山 2019/02/15 受付中
¥45,900(税込)
日程補足

メーカー版 開催日程:2018年11月29日(木)、2019年2月14日(木)

●サービス業版 開催日程:2018年11月30日(金)、2019年2月15日(金)

実際の申込受付処理と当サイトの受付情報更新のタイミングが1日程度ずれる場合がございます。どうぞご了承ください。
開催が近づいているセミナーの場合など、最新の受付状況は産能マネジメントスクールまでお問い合わせください。

プログラム

印刷用簡易ページ表示
1日目 10:00〜17:00 【メーカー版】
1 .オリエンテーション
2.現状分析 経営指標から企業の強み、弱みを把握する
○損益計算書、貸借対照表の構造、キャッシュフロー計算書の構造
○経営指標分析(収益性分析、安全性分析、効率性分析など)
○ケースメソッド演習 その1 個人演習、グループ討議、発表
3 .短期的意思決定会計 分析技法を用い戦略的意思決定スキルを高める
○CVP分析、最適プロダクトミックス、差異分析など
○ケースメソッド演習 その2 個人演習、グループ討議、発表
4.標準原価算定 原価差異分析から経営課題発見
○予算差異、能率差異、操業度差異など
○ケースメソッド演習 その3 個人演習、グループ討議、発表
5 .まとめ
○研修の振り返り

【サービス業版】
1 .オリエンテーション
2.現状分析 経営指標から企業の強み、弱みを把握する
○損益計算書、貸借対照表の構造、キャッシュフロー計算書の構造
○経営指標分析(収益性分析、安全性分析、効率性分析など)
○ケースメソッド演習 その1 個人演習、グループ討議、発表
3 .短期的意思決定会計 分析技法を用い戦略的意思決定スキルを高める
○CVP分析、最適プロダクトミックス、差異分析など
○ケースメソッド演習 その2 個人演習、グループ討議、発表
4.長期的意思決定会計 新規事業投資の可否を検討する
○回収期間法、正味現在価値法、内部利益率法など
○ケースメソッド演習 その3 個人演習、グループ討議、発表
5 .まとめ
○研修の振り返り

講師の声

松尾 泰
学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員
松尾 泰
昨今の経営環境変化により発生しているクライアントの抱える問題を取り扱うケース教材を通じて、進むべき方向性(戦略案、マーケティング施策)・戦略を実現するためにアカウンティング知識をどのように活用し、経営の意思決定の質を高めるのかについて学びます。
申し込みのセミナーをカートに入れました
・これ以降は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
・申込むセミナー・日程を全てカートに入れてください。
同セミナーの別日程を申込む 他のセミナーを探す
カートに進む